名古屋ナビ

名古屋ナビ
愛知県議会で、時短要請拡充に伴う補正予算可決
愛知県議会は、新型コロナウイルス感染拡大防止に向けて、1月18日(月)に 臨時議会を開催。緊急事態宣言発令に伴う、時短要請拡充の協力金増額補正予 算の審議です。大村秀章知事から、協力金の補正予算案約250億円が提案。 寺西むつみ議員、朝倉浩一議員、犬飼明佳議員から議案質疑があったあと委員 会審議をへて本会議で可決されました。

感染拡大防止対策として、愛知県全域の飲食店等に、1月18日(月)〜2月7 日(日)まで午後8時までの営業時間短縮を要請。営業時間短縮の協力金として 1日1店舗6万円、21日間で最大126万円が支給されます。業種別ガイド ラインを遵守し、県の安全・安心宣言施設に登録、PRステッカー・ポスターを 掲示した店舗が支給対象です。

大村知事は、提案前に今日着用しているマスクを披露。着ているスーツと同じ 尾州産のマスクでした。
(2021年1月18日)


▲1月18日(月)、愛知県議会、補正予算の提案説明をおこなう大村知事


▲1月18日(月)、新型コロナ感染拡大防止に向けて臨時県議会を開催


▲1月18日(月)、大村知事が、今日着用している尾州産のマスクを披露

 

名古屋ナビ