名古屋ナビ

名古屋ナビ
名古屋城で、東南隅櫓と西南隅櫓の特別公開
重要文化財「東南隅櫓」は、名古屋城の四隅に建てられた隅櫓(すみやぐら) のひとつで、通常は外から鑑賞するだけで内部には入れないのですが、10月 31日(土)〜11月8日(日)には西南隅櫓とともに特別公開。再建された天守 閣や本丸御殿と違って、約400年前に建てられたものが現存していますので、 当時をしのぶには最適の建築物です。隅櫓といっても馬鹿にできない規模で、 弘前城や丸亀城の天守閣より大きいんだそうです。東南隅櫓3階からは、本丸 御殿と天守閣の眺めがよく人気の隅櫓でもあります。

重要文化財「西南隅櫓」は、天守閣と同時期の1612年に完成。第二次世界 大戦の名古屋空襲では他の2つの隅櫓とともに消失を免れ、400年以上前の 姿をとどめています。西南隅櫓最上階の3階、3つの隅櫓ではめずらしく天井 が設置されています。
(2020年11月8日)


▲11月8日(日)、名古屋城の重要文化財「東南隅櫓」


▲11月8日(日)、東南隅櫓3階からは、本丸御殿と天守閣の眺めがよく人気


▲11月8日(日)、東南隅櫓、400年以上前の階段は急です


▲11月8日(日)、名古屋城の重要文化財「西南隅櫓」


▲11月8日(日)、西南隅櫓3階、3つの隅櫓ではめずらしく天井が設

───────────────────────────────────
名古屋城 名古屋市中区本丸1-1 電話:052-231-1700

名古屋ナビ