名古屋ナビ

名古屋ナビ
中部国際空港で、コロナ対策システムの実証実験
中部国際空港セントレアで、新型コロナウイルス感染防止対策システムの実証 実験が、10月14日(水)から始まります。

世界初となる、国際線到着手荷物や手荷物搬送用カートの紫外線除菌および電 子タグによる手荷物返却情報配信です。手荷物の返却時間がわからず返却場所 で3密が発生するリスクをさけるため、大型ディスプレイや利用客のスマート フォンへ情報提供することで、返却時間が分かりようにします。

「安全・安心の見える化」を実現する除菌情報提供システムの実証実験は、東 京オリンピック・パラリンピックにおける空港の安全対策として主要空港での 早期実用化に向けていきたいということで、11月6日まで実施予定。
(注)画像は、中部国際空港株式会社提供
(2020年10月10日)


▲10月10日(土)、手荷物の返却時間を利用客のスマートフォンへ情報提供


▲10月10日(土)、手荷物搬送用カートの紫外線除菌


▲10月10日(土)、手荷物は搬送用ベルト上に設置された専用の装置で除菌

───────────────────────────────────
中部国際空港 セントレア 愛知県常滑市セントレア一丁目1番地

名古屋ナビ