名古屋ナビ

名古屋ナビ
県議会で代表質問、コロナウイルス対策など質疑
6月定例愛知県議会で、6月19日(金)に自民党愛知県議員団の佐藤一志議員、 新政あいち県議団の朝倉浩一議員が、新型コロナウイルス感染症対策における 様々な課題など県政各般にわたる代表質問をおこないました。

佐藤一志議員は、新型コロナウイルス感染症対策における医療体制、次期あい ちビジョン、あいちトリエンナーレの進め方などについて質問。

朝倉浩一議員は、新型コロナウイルス感染症発生時の防災体制の確保、雇用対 策、畜産業への支援、交通安全対策などについて質問。

大村知事は、「あいちトリエンナーレはこれまで4回開催され、国内の芸術祭 では最も多くの入場者を迎え、県民に親しまれているので継続したい。ただ、 不自由展をめぐる混乱を踏まえて今後については名称変更も含めて検討してい きたい。再びワースト1になっている交通事故死者数。広報活動についても感 染防止対策を講じて7月から再開したい。」などと、答弁しました。
(2019年6月19日)


▲6月19日(金)、県議会で、佐藤一志議員が医療体制やトリエンナーレなど質問


▲6月19日(金)、県議会で、朝倉浩一議員が防災体制や交通安全対策など質問


▲6月19日(金)、県議会で、自民・新政代表の質問に答弁する大村知事

6月愛知県議会は、6月19日(金)に代表質問、22日(月)と23日(火)に一
般質問がおこなわれ、7月6日(月)まで20日間の会期でおこなわれます。

名古屋ナビ