名古屋ナビ

名古屋ナビ
県学校給食牛乳協会が、大村知事に牛乳をPR
愛知県学校給食牛乳協会の皆さんが3月31日(火)に愛知県公館を訪れ、大村 秀章知事に愛知県産牛乳の魅力を伝えました。

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う休校措置により、学校給食への牛乳供給 が停止したため、愛知県内の酪農家や乳業メーカーに影響が生じています。川 澄宏匡愛知県学校給食牛乳協会会長は「給食の停止でも牛乳の廃棄処分は避け ることができましたが、牛乳の需要が減少。新学期から牛乳を届けられ、需要 が高まるよう願っています」と、需要回復を期待しました。大村知事は「しっ かりとPRし、牛乳の需要回復につなげたい」と、意気込みを語ったあと中央 牛乳と常滑牛乳を試飲しました。

県学校給食牛乳協会では「モ〜ッと牛乳を飲モ〜」キャンペーンと題して、愛 知県産の生乳を100%使用している学校給食用牛乳の魅力をPR。県内の酪 農家や乳業メーカーを応援するため、県庁始め東海農政局、名古屋市役所の職 員を対象に学校給食用牛乳の臨時販売を実施。中央牛乳と常滑牛乳を、それぞ れ約1000本、愛知県庁西庁舎で販売しました。
(2020年3月31日)


▲3月31日(火)、愛知県学校給食牛乳協会の皆さんが知事に牛乳をPR


▲3月31日(火)、大村知事が、中央牛乳と常滑牛乳を試飲しました


▲3月31日(火)、川澄宏匡県学校給食牛乳協会会長が、牛乳の需要回復を期待


▲3月31日(火)、愛知県庁西庁舎で、学校給食用牛乳が2千本販売されました

 

名古屋ナビ