名古屋ナビ

名古屋ナビ
文化のみち二葉館が、開館15周年
文化のみち二葉館(旧川上貞奴邸)は、2005年2月8日に開館してから今日 で15周年を迎えました。開館記念日は「ふたばの日」として、獅子舞や名古 屋伝統芸能、貞奴のお琴など多くのイベントで大賑わいです。

厳しい寒さにもかかわらず、開館の午前10時には長蛇の列ができ、記念品の 先着100人へのプレゼントはあっという間に完了となりました。館内は大勢 の入館者で身動きがとりにくいほどの混雑。オープニングの獅子舞は大盛況で、 拍手がひっきりなしでした。文化のみち二葉館では、19日(水)から福よせ雛 が展示されます。
(2020年2月8日)


▲2月8日(土)、獅子舞でお祝い、文化のみち二葉館開館15周年


▲2月8日(土)、獅子舞に頭を噛んでもらうと御利益があるそうです


▲2月8日(土)、文化のみち二葉館、開館記念日は長蛇の列ができる盛況

文化のみち二葉館は、約100年前に日本の女優第一号として名を馳せた川上
貞奴と電力王と呼ばれた福沢桃介が暮らしていた建物。暮らしていた頃は東二
葉町(現白壁2〜3丁目)にあって二葉御殿と言われていたため、現在のところ
に移築復元されて、文化のみち二葉館という愛称になっています。
───────────────────────────────────
文化のみち二葉館(旧川上貞奴邸) 名古屋市東区橦木町3丁目23番地 

名古屋ナビ