名古屋ナビ

名古屋ナビ
伊勢湾台風から60年、県議会で犠牲者に黙祷
伊勢湾台風の襲来から60年となった9月26日(木)、愛知県議会で代表質問 に先立って午前10時に黙祷がおこなわれました。県庁では正午に黙祷を実施。

伊勢湾台風は、昭和34年9月26日に東海地方に襲来。暴風とともに大規模 な高潮が発生し、台風の災害として明治以降最多となる5千人の死者・行方不 明者が出ました。愛知県だけでも名古屋市南区・港区を中心に3千2百人を超 える死者・行方不明者が出ています。

愛知県公文書館では、「写真で見る あいちの地震・台風―伊勢湾台風60年―」 が開催されています。たくさんの材木が流入して甚大な被害を出した、名古屋 市南区の白水小学校や、暴風でなぎ倒された県庁前の並木など生々しい写真が 展示されています。伊勢湾台風だけでなく、明治24年の濃尾地震などの写真 も展示。展示は入場無料で、11月22日(金)まで開催されています。
(2019年9月26日)


▲9月26日(木)、伊勢湾台風から60年、愛知県議会で犠牲者に黙祷


▲9月26日(木)、愛知県公文書館では、伊勢湾台風などの写真展開催


▲9月26日(木)、写真展では、生々しい写真が展示されています

 

名古屋ナビ