名古屋ナビ

名古屋ナビ
せともの人形「藤娘」が、せともの祭をPR
せともの祭の開催を前に恒例の「せともの人形」が、名鉄尾張瀬戸駅前パルテ ィせと1階で展示されています。今年は歌舞伎舞踊「藤娘」が題材。大津絵か ら抜け出し、若い娘に姿を変えた藤の精を舞ったものです。高浜市の神谷菊人 形師が、陶磁器で出来た絵皿で製作したもので、一体につき600枚が使われ ているということです。せともの祭は、9月14日(土)〜15日(日)の2日間 にわたって瀬戸市内で開催されます。
(2019年9月5日)

▲9月5日(木)、せともの人形「藤娘」


▲9月5日(木)、せともの人形は、名鉄尾張瀬戸駅前パルティせと1階で展示


▲9月5日(木)、せともの祭は、磁祖加藤民吉の遺徳をたたえる産業祭

全国最大規模といわれるせともの廉売市で有名な「せともの祭」は、窯神通り、
パルティせと駅前広場、瀬戸蔵等瀬戸市街地を中心に開催。磁祖加藤民吉の遺
徳をたたえる産業祭として始まったせともの祭は、本年で88回目を迎え、祭
開催の2日間は、お値打ち品や掘り出し物が揃ったせともの廉売市をはじめ多
くのイベント行事が開催され、数十万人の人出で賑わいます。

せともの祭の華である「ミスせともの」の発表披露会は、14日(土)午後2時
から瀬戸蔵でおこなわれ、午後3時からはパレード。同日午後7時からの花火
大会もお楽しみです。

─────────【2019年 第88回せともの祭】───────────
日程:9月14日(土)9:00〜20:00、15日(日)9:00〜19:00
会場:瀬戸市内 パルティせと駅前広場、瀬戸蔵等

名古屋ナビ