名古屋ナビ

名古屋ナビ
あいちトリエンナーレ、開幕から1ヶ月
あいちトリエンナーレ2019が開幕して、早くも1ヶ月がたちました。開幕当初 は「表現の不自由展・その後」の展示閉鎖に続く展示中止の拡大で大揺れでし たが、このところ落ち着きをみせてゆったりと鑑賞します。

愛知芸術文化センター地下2階に展示してある、ピア・カミルの作品「ステー ジの幕」は、幕が一部捲り上げられたままですが、10階入口エキソニモの作 品「The Kiss」は相変わらず注目の的です。「The Kiss」は、 スマートフォンにもみえる2台の55インチ液晶モニターに映る目を閉じた二 人が、まるでキスをしているかのようです。8階に展示されている、ダンボー ルで作られた遊具で遊ぶことができる作品「あそぶ PLAY」も好評です。
(2019年8月30日)


▲8月30日(金)、あいちトリエンナーレ、エキソニモの作品「The Kiss」


▲8月30日(金)、あいちトリエンナーレ、ピア・カミルの作品「ステージの幕」


▲8月30日(金)、あいちトリエンナーレ、ダンボールの遊具で遊ぶ「あそぶ PLAY」

3年に1度、愛知県で開催される国内最大級の現代アートの祭典「あいちトリ
エンナーレ2019」。4回目となる今年は、愛知芸術文化センター・名古屋市美
術館に加えて四間道・円頓寺や豊田市美術館・豊田市駅周辺が新たな会場にな
りました。「情の時代」というテーマのもと、国内外から90組以上のアーテ
ィストが集結し、美術展のほか映像プログラム・パフォーミングアーツ・音楽
プログラムなど最先端の作品を紹介。8月1日(木)〜10月14日(月)まで、
75日間開催されます。
───────────────────────────────────
愛知芸術文化センター 名古屋市東区東桜1-13-2 電話:052-971-5511 

名古屋ナビ