名古屋ナビ

名古屋ナビ
極秘の名古屋城緊急脱出ルートを探ります
名古屋城には緊急時に城主がひそかに脱出する極秘ルートがありました。江戸 時代に使われることのなかった脱出ルート。城主が住んでいた二の丸御殿から ほど近い埋御門からお堀を舟で対岸の名城公園へ渡り、土居下に向かいます。 さらに大曽根、定光寺を経て木曽路に落ち延びますが、今回は土居下までのル ートを探ってみます。

尾張藩城主緊急脱出の任務にあたるのは、御土居下同心と呼ばれる18人の武 士。愛知学院大学名城キャンパス南の名古屋市交通局用地周辺に18軒の屋敷 を構えて住んでいたようで、屋敷跡には看板が立てられています。
(2019年5月30日)


▲5月30日(木)、名古屋城緊急脱出ルート、二の丸御殿がないので本丸御殿から出発


▲5月30日(木)、サツキが満開となったサツキ大会を見ていきます


▲5月30日(木)、城主の住居二の丸御殿跡地すぐの「埋御門」から脱出開始です


▲5月30日(木)、埋御門には石碑がたてられています


▲5月30日(木)、緊急脱出ルートは、埋御門から舟で対岸の名城公園に渡ります


▲5月30日(木)、城主緊急脱出の任務にあたる御土居下同心と呼ばれる武士の屋敷跡


▲5月30日(木)、愛知学院大学名城キャンパス南の、御土居下同心の屋敷跡には看板


▲5月30日(木)、名鉄瀬戸線土居下駅跡地(現在は地下駅化され東大手駅に)

名古屋市北区役所では「名古屋城脱出!隠密まち歩きMAP」を作成。名古屋
城脱出ルートを、自分の足で、バスで、地下鉄でめぐる「名古屋城脱出!隠密
ロゲイニング大会」が、11月23日(土)に開催されます。 
───────────────────────────────────
名古屋城 名古屋市中区本丸1-1 電話:052-231-1700

名古屋ナビ