名古屋ナビ

名古屋ナビ
尾張旭市のどうだん亭で、ドウダンツツジが見頃
尾張旭市の「どうだん亭」で、ドウダンツツジが見ごろとなっています。どう だん亭の名前の由来となっているドウダンツツジが、可憐な白い花が満天星の ように庭園に咲き乱れています。春の「どうだん亭」一般公開は、4月13日 (土)〜21日(日)まで、入場無料で開催。
(2019年4月18日)

▲4月18日(木)、ドウダンツツジ、可憐な白い花が満天星のように咲き乱れます


▲4月18日(木)、ドウダンツツジなどが植えられている、どうだん亭の庭園


▲4月18日(木)、部屋から風情のある光景、どうだん亭庭園内のドウダンツツジ


▲4月18日(木)、「どうだん亭(満天星亭)」春の一般公開は、4月21日(日)まで

「どうだん亭(満天星亭)」の母屋は、1723年に岐阜県飛騨市で居宅として建て
られたものです。昭和17年に現在の場所のやや西に移。昭和42年に母屋が現在
の場所に曳き屋されています。どうだん亭の名前の由来となっているドウダン
ツツジの美しい庭園は、この頃に造られました。現在どうだん亭は、愛知県尾
張旭市の教育文化施設として手続きのうえ茶会等に利用されていますが、春と
秋には手続きなしで入場できる一般公開を実施しています。
───────────────────────────────────
どうだん亭 尾張旭市霞ヶ丘町南298 名鉄瀬戸線印場駅から徒歩10分

名古屋ナビ