名古屋ナビ

名古屋ナビ
藤井聡太六段を祈願し、盛り上がる瀬戸市
明日2月17日(土)の、羽生善治竜王と藤井聡太五段の公式戦初の対局など、 第11回朝日杯将棋オープン戦に向けて瀬戸市が盛り上がっています。

名鉄尾張瀬戸駅前のパルティせと1階では、お雛様が将棋を指し将棋大会開催。 将棋大会では、瀬戸市出身の藤井聡太五段と羽生善治竜王が第11回朝日杯将棋 オープン戦準決勝の準備です。お雛様の前では、皆でスマホやPCを持ち寄って 藤井五段の対局を見守り応援する「パーソナルビューイング」が実施されます。

また、お雛様のすぐ前にある喫茶店「英梨華」では、藤井聡太五段が六段に昇 段したときに備えて、団子が6つのみたらし団子(通常5つ)を60円で用意。 皿を6皿、みたらし団子を六本揃えたポスターを店頭に貼ってPR中です。藤 井聡太五段が六段になるには、羽生善治竜王を準決勝で破って決勝にすすみ、 さらに決勝で勝って優勝しなければなりません。
(2018年2月16日)


▲2月16日(金)、藤井聡太五段と羽生善治竜王が第11回朝日杯将棋オープン戦準決勝の準備


▲2月16日(金)、明日2月17日(土)、「パーソナルビューイング」が実施されます


▲2月16日(金)、喫茶店「英梨華」では、団子が6つのみたらし団子を用意

───────────────────────────────────
パルティせと 瀬戸市栄町45番地 名鉄瀬戸線尾張瀬戸駅前

名古屋ナビ