名古屋ナビ

名古屋ナビ
県議会で代表質問、各党代表が県政全般質問
12月定例愛知県議会で、12月5日(火)に川嶋太郎議員(自民)、天野正基議 員(民進)が、県政各般にわたる代表質問をおこないました。

川嶋太郎議員は、あいち航空ミュージアムの果たす役割、G20サミット誘致、 港湾物流ビジョン、自動運転の推進、消防学校の機能強化、東三河の発展を担 う人づくりなどについて質問。

天野正基議員は、南海トラフ地震対策、地域包括ケアの推進、食品ロスの削減、 ラグビーW杯開催に向けた取組、県産農林水産物の需要拡大、有料道路コンセ ッションなどについて質問。

質問に対して大村秀章知事が答弁。自動運転の推進では「12月14日に全国 で初めて、公道における遠隔型自動運転システムの実証実験を幸田町にて実施 します」と、明らかにしました。また、食品ロスの削減では「宴会での食べ残 しが課題。乾杯後30分間とお開き10分前は料理を楽しもうという3010運動を、 忘年会シーズンの今、皆さんにも協力してほしい」などと、要請しました。県 議会は、明日6日(水)から一般質問がおこなわれます。
(2017年12月5日)


▲12月5日(火)、自動運転の推進などについて質問する川嶋太郎議員


▲12月5日(火)、食品ロスの削減などについて質問する天野正基議員


▲12月5日(火)、全国で初めて公道での自動運転実験などを答弁する大村知事

 

名古屋ナビ