名古屋ナビ

名古屋ナビ
土性沙羅さんら6名に、愛知県スポーツ功労賞
土性沙羅さんら2017年世界レスリング選手権大会で優秀な成績を収めた4名と、 第35回世界新体操選手権大会で優秀な成績を収めた2名が、11月24日(金) に愛知県スポーツ功労賞を受賞しました。

表彰式のため11月24日(金)に愛知県公館を訪れた土性沙羅さん、川井梨紗 子さん、向田真優さんは、大村秀章知事から表彰楯及び記念品の七宝カキツバ タ銘々小箱を贈られました。

大村知事が「これからも東京五輪の頂点を目指して頑張ってください」と、激 励すると、土性沙羅さんは「2020年東京オリンピックで金メダルを目指したい」 と、力強く抱負を語りました。
(2017年11月24日)


▲11月24日(金)、愛知県スポーツ功労賞受賞者、関係者の皆さんと大村知事


▲11月24日(金)、大村知事から県スポーツ功労賞表彰楯を贈られる川井梨紗子さん


▲11月24日(金)、大村知事から県スポーツ功労賞表彰楯を贈られる土性沙羅さん


▲11月24日(金)、大村知事から県スポーツ功労賞表彰楯を贈られる向田真優さん

2017年世界レスリング選手権大会で、土性沙羅さんは69kg級で優勝、川井梨紗
子さんは60kg級で優勝、向田真優さんは53kg級で2位、奥野春菜さん(欠席)は
55kg級で優勝しました。

第35回世界新体操選手権大会で、杉本早裕吏さんは団体総合で3位、竹中七海
さんは団体種目別フープで3位でした(ともに欠席、お母さんが代理で表彰楯
及び記念品を受け取りました)。

名古屋ナビ