名古屋ナビ

名古屋ナビ
「あいちトリエンナーレ2019」テーマは情の時代
2019年に愛知県で開催される国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」のテー マが、10月20日(金)の記者会見において津田大介芸術監督から「情の時代  Taming Y/Our Passion」と、発表されました。 あいちトリエンナーレを日本有数の国際芸術祭にしたいという津田大介監督は、 テーマのコンセプトについて「われわれはいま<情報>によって<感情>が支 配・管理される、あるいは翻弄される時代を生きている。それに対抗するため にアートが本来持つ技芸の力でそうした<情>や<Passion>に対抗する」など とし、メインビジュアルは、紫色をベースに金色でテーマカラーを選定しまし た。紫色は、岡崎の藤の色や藤川の紫麦などをイメージ。金色は名古屋城の金 シャチや徳川の葵の紋などをイメージしたということです。(2017年10月20日)

▲10月20日(金)、あいちトリエンナーレ2019のテーマを、津田大介芸術監督が発表


▲10月20日(金)、あいちトリエンナーレ2019のテーマカラーは、紫色と金色


▲10月20日(金)、あいちトリエンナーレ2019、テーマの抱負

あいちトリエンナーレは、3年に1度開催される芸術祭。2010年の第1回は、
「都市の祝祭」をテーマに掲げ、世界の先端的な現代芸術を紹介。2013年の第
2回のテーマは、「揺れる大地−われわれはどこに立っているのか:場所、記
憶、そして復活」。2016年の第3回は、「虹のキャラヴァンサライ 創造する
人間の旅」をテーマに開催されました。第4回は、2019年に開催されます。

名古屋ナビ