名古屋ナビ

名古屋ナビ
稲沢市キャンペーンレディが、知事にサザンカ贈呈
愛知県緑化木生産者団体協議会の代表と、植木四大生産地の一つにあげられて いる稲沢市から稲沢市キャンペーンレディが10月17日(火)に愛知県公館を 訪問。大村秀章知事に、愛知県産「サザンカ」の植木を贈呈しました。

知事に贈呈されたサザンカは、早咲き品種のアサクラ。白色の八重咲きで、稲 沢市にふく冷たい伊吹おろしが、生産に好条件だということです。愛知県緑化 木生産者団体協議会小林功会長らが、植木の生産状況等を大村知事に報告。報 告のあと、大村知事は「植木は生活にうるおいを与えてくれます。10・11月は、 名刺を使った県農林水産物のPRで植木をとりあげています。今後も植木の普 及・振興に取り組んで行きたい」と、話しました。


▲10月17日(火)、稲沢市キャンペーンレディが、サザンカを大村知事に贈呈


▲10月17日(火)、愛知県緑化木生産者団体協議会の代表、稲沢市キャンペーンレディ


▲10月17日(火)、県緑化木生産者団体協議会小林功会長が、植木の生産状況等を知事に報告

愛知県の植木出荷本数は全国3位。中でも稲沢市は植木生産700年の歴史を
誇り、埼玉県川口市・大阪府池田市・福岡県久留米市とともに植木四大生産地
の一つです。(2017年10月17日)

名古屋ナビ