名古屋ナビ

名古屋ナビ
せと陶祖まつりで、JIMO婚や御物奉献行列
4月15日(土)〜16日(日)の2日間にわたって、瀬戸市内で「せと陶祖まつ り」が開催されました。陶祖加藤四郎左衛門景正の遺徳を偲ぶおまつりとして、 昭和37年にはじまり、今年で56回目を迎えます。 2日目の今日は、尾張瀬戸駅前のパルティせと北側バスターミナル特設ステー ジで。JIMO婚(人前式)がおこなわれました。新郎新婦は、伊藤保徳瀬戸市長や ミスせともの3名・どまつりチーム「陶龍門」の皆さんの祝福を得て、花嫁道 中に出発です。花嫁道中は御物奉献行列に続いてのパレード。御物奉献行列は、 パルティせとから陶祖藤四郎を祀る陶彦社までパレードしました。
(2017年4月16日 パルティせと 瀬戸市栄町45)

▲4月16日(日)、せと陶祖まつり、JIMO婚の新郎新婦と瀬戸市長、ミスせともの


▲4月16日(日)、せと陶祖まつり、JIMO婚の新郎新婦を「陶龍門」が祝福演舞


▲4月16日(日)、せと陶祖まつり、JIMO婚の新郎新婦と瀬戸市のゆるキャラ


▲4月16日(日)、せと陶祖まつり、御物奉献行列がパルティせとを出発


名古屋ナビ